インターナショナルオルガンフェスティバル2013 (2014-6-30) 

投稿日時 2016-12-20 09:47:08 | カテゴリ: TOP

第23回インターナショナル・オルガン・フェスティバル2013





2013年は、長州五傑150年、薩摩十九傑148年、
日英学術文化交流嚆矢150年を記念して、
英国より著名なオルガニスト、トーマス・トロッター氏を迎え、
英国のオルガン音楽と
海外において好評を得ている「サウンド・オブ・ピース」
バッハではない日本人の血から生まれた、もうひとつのオルガン音楽
オルガンと日本の伝統楽器(箏・尺八)の作品をお楽しみ頂きました。
また、山口・鹿児島・横浜では、
志學館大学教授・鹿児島県立図書館館長原口泉先生の講演も行われました。
ご来場頂きました皆様ありがとうございました。

ご挨拶

暑中お見舞い申しあげます。
日英学術・文化交流150年
「長州五傑」渡英150年を記念しての
オルガン フエスティバル 2013は
長州五傑の山口・薩摩藩士の鹿児島
生麦事件の横浜・総括して東京と
お蔭様で ご好評のうちに終わりました。
その後、UCLロンドン大学において
新しい日英学術・文化交流に向かっての
プロジェクトと、北欧の夏の音楽祭に参加、
遅れましたが、ここに、心からの感謝とお礼の
ご挨拶を申しあげます。
ありがとうございました。


オルガン フエスティバル組織委員会
児玉麻里 一同


公演の様子は、フォトアルバムをご覧下さい!





Sound Of Peaceにて更に多くのニュース記事をよむことができます
https://sound-p.com

このニュース記事が掲載されているURL:
https://sound-p.com/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=9